ここから本文です

スパイサー米大統領報道官が辞任、スカラムチ氏が新広報部長に 

7/22(土) 2:11配信

ロイター

[ワシントン 21日 ロイター] - 米ホワイトハウスは21日、スパイサー大統領報道官が辞任を表明したと明らかにした。

スパイサー氏の突然の辞任表明は、トランプ陣営とロシアの癒着疑惑を巡る調査が拡大する中、トランプ氏側近内の混迷を浮き彫りにしている。

スパイサーの後任には、サンダース副報道官が昇格する。またサンダース氏の上司にあたる広報部長にはヘッジファンド創業者で大統領顧問を務めるアンソニー・スカラムチ氏が就任する。

ホワイトハウスに近い共和党議員によると、トランプ大統領は20日にスカラムチ氏の起用を決め、21日朝に同氏に会って正式に就任を依頼した。

スカラムチ氏の広報部長就任に関する情報がメディアに流れた後、スパイサー氏は大統領執務室でトランプ氏に詰め寄り、「彼(スカラムチ氏)か私か」との「最後通告」を突きつけたという。スパイサー氏はトランプ氏が身動きしないでいるのを見て、辞任を表明したとしている。

スカラムチ氏は、一連の人事を明らかにしたホワイトハウスでのブリーフィングで、「私は大統領を愛している。この場にいることができて光栄だ」と語った。

ホワイトハウスの体制をどう立て直すのかとの質問に対しては、「船は正しい方向に進んでいる。私はこのチームが好きだ」とし、改善する点は何もないとの考えを示した。

ゴールドマン・サックス<GS.N>に勤務した経歴も持つスカラムチ氏は幅広い事業を手掛けており、利害の対立が生じないよう確実にするとした。

スパイサー氏は共和党全国委員会の広報を務めていたほか、ブッシュ(子)政権で働いた経歴を持つなど、ホワイトハウスでの勤務経験が長い。当初から大統領就任式の観客数が少ないとする報道に不正確な数字だと反論するなど、トランプ氏同様、メディアを攻撃し物議を醸していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:8/5(土) 1:50
ロイター