ここから本文です

Sexy Zone中島健人「まじ大好き!」

7/22(土) 14:40配信

シネマトゥデイ

 Sexy Zone の中島健人が22日、TOHOシネマズ新宿で行われた映画『心が叫びたがってるんだ。』初日舞台あいさつに登場し、これまでのイベントや取材でもチームワークの良さを語っていた中島は、メンバーから愛のあるメッセージが贈られると「ここさけメンバー、まじ大好き!」と絶叫した。この日は芳根京子、石井杏奈、寛一郎、熊澤尚人監督も登壇した。

【写真】似てる?佐藤浩市の息子・寛一郎

 「ここさけ」をお題に、あいうえお作文に挑戦しようという企画。メンバーそれぞれが「どうしよう」と悩むなか、寛一郎が「こ」⇒「こんにちは」とスタートすると、石井が「こ」⇒「このメンバーでここまで来られたのは」とつなぐ。さらに芳根が「さ」⇒「最高で最強な座長のおかげ、その座長の名前は?」と中島を指差す。すると、中島はやや驚いた表情を浮かべながらも「け」⇒「ケンティーです!」と締めくくった。

 芳根が「実は3人で事前に打ち合わせをしていたんです」と打ち明けると、中島は「ここさけメンバー、まじ大好きです」としみじみと語り仲間を見渡す。続けて「本当にいろいろ支えてくれました。最高です。ありがとう」と感無量といった表情を浮かべていた。

 ファンからは「ケンティー」と呼ばれ王子さまキャラを貫いている中島だが、本作では熊澤監督から、素朴な拓実という人物を演じるためにキラキラ感を封印するように言われていたという。しかし、劇中の見せ場の一つであるミュージカルシーンでは「日々みんなで努力した歌と踊りを観てほしい。このシーンは熊澤監督から『ケンティーでいてくれ』と王子解禁の許可が取れたので全力で演じました」とアピールしていた。

 また「自分を強くしてくれるものは?」という質問に中島は「ポジティブシンキング」と答えると「生きるうえで常にポジティブでいたい。運命は創造するもの、明るい言葉に強くしてもらっています」とキラキラスマイル。中島の王子ぶりに会場からは大歓声が上がった。

 本作は、2015年に公開され大ヒットした劇場版アニメーションを実写映画化したもの。幼いころのある経験により、おしゃべりができなくなってしまった少女・順(芳根)が、クラスメイトの拓実(中島)や菜月(石井)、田崎(寛一郎)らと出会ったことにより、大切な人やモノに気づいていく姿を描いた青春物語。(磯部正和)

映画『心が叫びたがってるんだ。』は全国公開中

最終更新:7/22(土) 14:40
シネマトゥデイ