ここから本文です

劇薬?“反逆のカリスマ”川内優輝が主将に 伊東浩司委員長「発信力ある」

7/22(土) 6:04配信

デイリースポーツ

 陸上の世界選手権(8月・英ロンドン)に出場する日本代表の壮行会が21日、都内にある英国大使館で行われた。この日、選手団主将に任命された男子マラソンの公務員ランナー、川内優輝(30)=埼玉県庁=は、「日本代表として臨む以上は、日本国民の全員の期待を背負って、結果を残さないといけない」と、4分20秒に及ぶ熱の込もった決意表明で、選手団の士気を高めた。

 過去には陸連の体質やナショナルチームのあり方など、時に公然と批判を繰り広げてきた男だが、日本陸連の伊東浩司強化委員長は「経験と、発信力がある」と、そのカリスマ性に期待を込めた。

 川内にとっては、これが3度目の世界選手権。今後の日本代表戦線からの撤退を表明しており、最後の世界大会となる可能性が高い。「日本代表として戦う以上、結果を残さないといけない。それが使命」と話す最強市民ランナーは、最後も国を背負って爆走する。