ここから本文です

中島健人「けんてぃーです」と叫ぶ、「ここさけ」初日に芳根京子らが最高のパス

7/22(土) 13:46配信

映画ナタリー

本日7月22日、「心が叫びたがってるんだ。」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの中島健人(Sexy Zone)、芳根京子、石井杏奈(E-girls)、寛一郎、監督の熊澤尚人が登壇した。

【写真】芳根京子(他22枚)

本作は、長井龍雪による劇場アニメを実写化した青春ラブストーリー。本音を言えない少年・坂上拓実を中島、言葉を発しない少女・成瀬順を芳根、恋に悩む優等生・仁藤菜月を石井、野球部の元エース・田崎大樹を寛一郎が演じた。最初にマイクを握った中島は「愛すべきこの作品を皆さんにお届けすることができて、うれしさで心が叫んでいます」と挨拶する。

見どころを聞かれた中島はミュージカルシーンを挙げ「キャストの皆さんが努力されて積み上げたシーン。ぜひとも楽しんでもらいたいです」とコメント。ファンから“けんてぃー”の愛称で親しまれ、王子キャラとして知られる中島は「このシーンだけ監督から『けんてぃーでいてくれ』と許可がおりた」と続けると、熊澤は「王子解禁」と撮影時の裏話を明かす。

同じく見どころについて芳根は「全部!」と元気よく即答し、石井は「菜月と拓実くんが並んで歩くシーン」を挙げる。一方、寛一郎は「この4人のシーンは注目して観てほしい。仲の良さが画に出てると思う」と述懐。その言葉に中島も「日々ずっと4人で笑い合ってた。その空気感が出てるのでこれほどまでにハッピーな映像はないんじゃないかと思います」と同意した。

イベントでは作品の略称である「ここさけ」でキャスト4人があいうえお作文を行う一幕も。寛一郎が「こんにちは」、石井が「このメンバーでここまでこれたのも」、芳根が「最高に最強な座長のおかげです。そんなうちの座長は」と述べ中島につなぐと、中島は満面の笑顔で「けんてぃーです」と叫び会場を沸かせる。3人のパスに中島は「『ここさけ』メンバー、マジで最高。本当に支えてもらえた」と3人に感謝の気持ちを伝えた。



(c)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (c)超平和バスターズ

最終更新:7/22(土) 13:46
映画ナタリー