ここから本文です

デニス・植野“二股”“デッチ上げ”払拭ならず キングオブコント1回戦敗退

7/22(土) 16:45配信

東スポWeb

 コント日本一を決める「キングオブコント2017」の予選が今月からスタート。初日となった3日には、ハーフタレント・植野行雄(35)が松下宣夫(33)と組むお笑いコンビ「デニス」が登場したが、あえなく1回戦で敗退してしまった。

 ブラジル人と日本人のハーフである植野は一時、バラエティー番組に引っ張りだこになり、若手芸人の中ではかなり知名度が高い。だがコンビとしての実績はそれほどなく、今年のキングオブコントは1回戦敗退という結果になってしまった。

「今年のキングオブコントは『過去の準決勝進出者は1回戦免除で2回戦から、過去の決勝進出者は2回戦免除で準々決勝から』という参加規定が設けられた。大会が盛り上がるのはまだこれからなのに、その前に敗退してしまったデニスは『何の爪痕も残せなかった』と言われても仕方がない」(お笑い関係者)

 植野は先日“二股疑惑”が報じられたばかり。6月27日発売の写真週刊誌「フラッシュ」によると、井川遥似の36歳女性が「本命の彼女がいることを隠して、私と交際を続けてきた」「何度もセックスを求められた」と告白。本命の彼女の存在がバレると「一方的に別れを告げてきた」という。

 さらに植野は2日に放送されたテレビ朝日系のバラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で、過去の番組でウソのエピソードを語っていたと告白。番組サイドからまだ話していないエピソードを求められたため、虚偽の話をデッチ上げたと明かしたのだ。

「以前より露出が減ったので、思い切って自分のことをネタにしたのでしょうが、二股スキャンダルもあったし、今後はますますオファーを出しづらい。心機一転、ネタで勝負しようにもキングオブコント1回戦敗退ですから、道のりは険しい」(同)

 果たして復活の日はやってくるのか。

最終更新:7/22(土) 16:45
東スポWeb