ここから本文です

阪神マテオが腰痛で登録抹消 代わってメンデスが昇格

7/22(土) 18:57配信

東スポWeb

 阪神のマルコス・マテオ投手(33)が22日、腰痛のため出場選手登録を抹消された。

 来日2年目の今季、中継ぎでフル回転の助っ人右腕は桑原、ドリスとともに勝利の方程式を形成。ここまでチームトップの40試合に登板して6勝3敗、防御率2・65、リーグトップタイの24ホールドポイントを記録していた(21日現在)。金本監督は「腰痛で外した。大事を取った? そうだね」と説明した。

 代わって、二軍で0勝3敗19セーブ、防御率3・11の成績を残していたメンデスが昇格。「思ったようなきっかけで上がったわけじゃない。できることをしっかりやって監督、コーチにアピールしたい」と意気込んだ。

最終更新:7/22(土) 18:57
東スポWeb