ここから本文です

【西武】2年目右腕・本田圭佑が今季初昇格

7/22(土) 9:33配信

スポーツ報知

 西武の2年目右腕・本田圭佑投手(24)が、22日の日本ハム戦(メットライフ)から今季初昇格することが21日、分かった。

 140キロ後半の直球に、落差のあるカーブなどを交えた緩急を使った投球が武器。プロ1年目の16年は、9月9日にプロ初昇格を果たして2試合に登板。シーズン終了後には、メキシコで行われた第1回U―23(23歳以下)野球W杯のメンバーに選出され、決勝戦を含む3試合に登板して17回でわずか1失点と世界一に貢献した。大会終了後には、オーストラリアで行われたウィンターリーグに参加し、武者修行に出ていた。

 今季は岸が楽天に移籍したことで空いた先発ローテの6番手候補として、春季キャンプA班(1軍)スタート。だがオープン戦で結果を残すことが出来ず、開幕前に2軍降格となった。ファームでは主に先発として起用され、11試合に登板。3勝3敗、防御率2・77の成績を残していた。

 また22日に先発する多和田真三郎投手(24)も昇格し、代わって大石達也投手(28)が抹消される。

最終更新:8/6(日) 9:42
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報