ここから本文です

ダル、今季最多12奪三振も7勝目お預け…レイズ戦8回5安打3失点

7/22(土) 10:55配信

スポーツ報知

◆レイズ―レンジャース(21日・セントピーターズバーグ)

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が21日(日本時間22日)、敵地のレイズ戦で先発し、8回5安打3失点。最速98マイル(約158キロ)の直球を武器に今季最多12三振を奪ったが、40日ぶり勝ち星となる7勝目はお預けとなった。

 1点先取した初回、味方の失策と盗塁で招いた無死二塁を無失点で切り抜けたが、4回2死からミラーの同点ソロを被弾した。同点の6回先頭でディッカーソンに勝ち越し弾を浴び、8回1死ではスミスにダメ押しソロ。今季ワーストの1試合3被本塁打。8回で101球(ストライク78球)を投げ、12奪三振1四球、5安打3失点だった。防御率は3・44となった。

 打線は初回にアンドラスの先制ソロが飛び出したが、2~8回まで無得点。2点を追う9回に秋信守の同点2ランが飛び出したが、ダルビッシュは6月12日のアストロズ戦以来の白星をつかめなかった。

 昨年世界一に輝いたカブスがダルビッシュの獲得調査をしているとMLB公式サイトが伝えたばかり。7月31日までのトレード期限まで、どのような動きを見せるのか注目だ。

最終更新:7/22(土) 11:19
スポーツ報知