ここから本文です

世界初挑戦の京口紘人 王者の挑発に「戦争好きじゃないが、チャンピオンになる」

7/22(土) 15:05配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・ダブル世界戦」(23日、大田区総合体育館)

 調印式と前日計量が22日、東京都内で行われた。IBFミニマム級王座に初挑戦する京口紘人(23)=ワタナベ=はリミットいっぱいの47・6キロでクリア。王者のホセ・アルグメド(28)=メキシコ=はリミットを500グラム下回る47・1キロでパスした。

 調印式では、王者のアルグメドが「あしたは京口相手に戦争をする」と物騒な予告をした。それに対し、京口は「戦争は好きじゃない。世界平和が大事だと思っている」とすかしつつ、「リングの上では打ち勝って、自分がチャンピオンになる」とKO宣言した。

 WBAライトフライ級王者で6度目の防衛戦に臨む田口良一(30)=ワタナベ=はリミットギリギリの48・9キロでクリア。「相手は強いが、やることはやってきたので自分を信じて戦う」と気合を入れた。挑戦者のロベルト・バレラ(コロンビア)も48・9キロでパスし、「すばらしい体調だ。あとはあしたの試合を待つだけ」と不敵な笑みを浮かべた。