ここから本文です

【福島新馬戦】ハーツクライ産駒ナスノシンフォニーが鼻差で差し切り勝ち

7/22(土) 13:26配信

スポーツ報知

 22日の福島5R、2歳新馬(芝1800メートル=14頭立て、牝馬限定)は、2番人気のハーツクライ産駒ナスノシンフォニー(美浦・武井亮厩舎)が差し切って初陣を飾った。勝ち時計は1分52秒8。

 木幡巧騎手を背に、道中は中団後方でじっと脚をためる形。3~4角から外、外を回って進出を開始すると、直線は鋭い伸び。最後は、押し切りを図った4番人気のプトラナを外から鼻差で差し切った。鞍上は「調教のときからスタートはそれほど速くなかったけど、しまいがすごく動いていた。実戦でも、そのイメージ通りにいい脚を使ってくれました。余力もありましたし、ここでは能力が違った印象です」と素質を高く評価していた。次走は未定。

最終更新:7/22(土) 13:31
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ