ここから本文です

内田裕也・樹木希林夫妻が吉田拓郎のもとに殴り込み?元妻・浅田美代子が明かす

7/22(土) 15:42配信

デイリースポーツ

 女優・浅田美代子(61)が22日放送のTBS系「サワコの朝」に出演し、元夫でフォーク歌手・吉田拓郎(71)との交際がうわさに上った時、ロック歌手・内田裕也(77)と女優・樹木希林(74)夫妻が拓郎のもとに乗り込んだ仰天秘話を明かした。

 浅田はデビューから4年後、21歳の時に吉田と結婚。ドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」で共演した樹木にはとてもかわいがられていた。

 「うわさになった時に、樹木希林と内田裕也が…裕也さんが、吉田さんが飲んでいるところに、殴り込みっていうんじゃないけど、行ったんですよ。『どういうつもりで付き合ってんだお前?』っていう…。すごいでしょ?ロックとフォークで仲悪いでしょ?メチャクチャ。すっごい仲悪い時代です」と、驚きの秘話を披露した浅田。拓郎は「いや、ちゃんと真面目に付き合ってます。結婚するつもりです」と説明し、夫妻は「納得して帰ったらしい」という結末になった。

 専業主婦になった浅田だが「お掃除は苦手なんで、うちの母親がきてくれた」と、母・順子さん任せだったという。浅田は「おかしいのは(呼び鈴が)ピンポーンって鳴るじゃない?『浅田家政婦協会から参りました!』ってうちの母が言うのよ。憎たらしいでしょう」と、順子さんのユーモラスな言動を笑顔で振り返った。

 拓郎と離婚後は順子さんと2人で暮らしていたが、順子さんは急性リンパ性白血病のため68歳で死去した。