ここから本文です

朝乃山が初の十両優勝に王手 千秋楽の取組に勝てばV、負ければ優勝決定戦

7/22(土) 19:19配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所・14日目」(22日、愛知県体育館)

 十両朝乃山(高砂)が阿炎(錣山)を浴びせ倒し、ただ1人11勝目(3敗)を挙げ初の十両優勝に王手をかけた。千秋楽で4敗の大奄美(追手風)に勝てば優勝、負ければ優勝決定戦に持ち込まれる。

 突き合いから、相手の引きに乗じて攻勢。右を差し組み止めると、相手のひざが折れて倒れた。「相手がよく見えた。慌てないで自分の相撲が取れた」と、会心の内容を振り返った。

 いい緊張感で心身ともに充実。「あと1日、しっかり自分の相撲を取り切って終わりたい」と本割の一番で決める気満々だ。