ここから本文です

楽天が乱打戦制し、最多の貯金29 アマダーが3打席連発「風と神様のおかげ」

7/22(土) 19:41配信

デイリースポーツ

 「楽天8-7オリックス」(22日、Koboパーク宮城)

 楽天がアマダーの3打席連続本塁打など4打数4安打5打点の活躍で乱打戦を制し、貯金を今季最多の29として首位を守った。

 1点を追う楽天は二回、1死三塁からペゲーロの遊撃内野安打で同点に追いつくと、続くアマダーの10号2ランで勝ち越し。アマダーは四回にも2打席連続となる11号2ラン。五回には今江の1号ソロ、七回にはアマダーの3打席連続となる12号ソロで突き放した。

 今季1号を放った今江はお立ち台に呼ばれ、「手応えは完璧でした。あれでホームランならなかったら、今年もう打てないと思った」と苦笑い。さらに「やっとの思いで1本打ったのに、アマダーは3本打っちゃった」と笑わせた。

 球団史上初の3打席連発と大当たりのアマダーは「チームの勝利に貢献できてうれしい。ホームランというよりも得点を挙げることを心掛けて打席に入った。3打席連発は風と神様のおかげ」と振り返っていた。

 先発した美馬が5回7安打3失点で8勝目。松井裕は29セーブ。

 オリックスは四回にT-岡田が19号ソロ。七回にはロメロの2点適時二塁打、代打・武田の左前適時打。八回にはマレーロの適時打で再び1点差に迫った。楽天の11安打を上回る15安打を放ったが、九回は松井裕に抑えられ、4連敗を喫した。先発した山岡が7敗目(3勝)。楽天戦の連敗も7となった。