ここから本文です

ヤクルト大脱出!連敗14でストップ 西浦V打!今季初4番の山田が先制弾

7/22(土) 21:28配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト6-2阪神」(22日、神宮球場)

 14連敗中とドロ沼に落ちていたヤクルトが、阪神に快勝して7月初勝利。47年ぶりの屈辱に、ようやく終止符を打った。

 連敗脱出を目指すヤクルトは、前日1番の山田が、この日は今季初めて4番で出場。5番には新外国人のリベロが入るなど、大幅に打線を入れ替えた。

 初回は4番・山田の15号2ランで2点を先制。追いつかれた直後の二回にも、西浦の適時二塁打、坂口の中前適時打で、2点を勝ち越した。

 2点リードの六回には、2死満塁から荒木の死球で1点を追加。さらにバレンティンがストレートの四球を選び、連続押し出しというラッキーな形でリードを4点に広げていた。

 投げては先発・由規が5回2失点で3勝目。2番手以降のリリーフ陣も阪神打線に反撃を許さず、長かった連敗に別れを告げた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 13:35