ここから本文です

日本ハム今季11度目の完封負け 栗山監督「しっかり点を取れるように」

7/22(土) 22:02配信

デイリースポーツ

 「西武4-0日本ハム」(22日、メットライフドーム)

 日本ハム・栗山英樹監督(56)が完封負けを反省した。

 初回に先頭の西川が右前打を放つと、次打者、松本の3球目に盗塁死。その松本は左前打で出塁し2死一、二塁の好機を作ったが、後続が倒れ無得点。二回には2安打を放つも三回以降は無安打に抑えられ、今季11度目の完封負け。代打待機の大谷を起用することなく敗れた。

 「スピードを使えなくなったら、ウチらしくなくなる」と初回の攻撃の無得点を責めなかったが「結果的にこういう形になった。しっかり点を取れるようにします」と1点も取れなかったことを嘆いていた。

スポーツナビ 野球情報