ここから本文です

日本ハム白村、プロ初先発で今季初黒星 通算90試合目の初体験で手応えも

7/22(土) 22:25配信

デイリースポーツ

 「西武4-0日本ハム」(22日、メットライフドーム)

 日本ハム・白村明弘投手(25)がプロ初先発し、4回を3安打3失点で今季初黒星を喫した。

 プロ4年間で中継ぎ一筋。通算90試合目で初めて先発のマウンドへ上がった白村は、先頭打者の秋山を空振り三振、源田を遊ゴロに抑えたが、2死から浅村に四球を与えた。メヒアには甘くなったフォークを左翼席へ運ばれ、痛い先制点を許し、肩を落とした。

 二回は3者凡退に抑えたが、三回1死から秋山に右中間三塁打を浴び、続く源田に中犠飛を打たれ3点目を失う。それでも四回にはメヒア、中村から連続空振り三振を奪うなど、最速150キロの直球にフォークを有効に使い計4奪三振だ。

 自己最多73球を投じても「尻上がりによくなっていった。(五回以降も)いけそうだなというのはあった」とスタミナ面に問題ないことを強調。試合後は「投げてみて、できることと、できないことがあった。投げながら勉強していきたい」と前向きで、先発としての手応えをつかんだようだ。

 当初は周囲の反対もあったが、先発を託した栗山監督は「(点の取られ方が)もったいないのもあったけど」と言いながらも「可能性はあるよね。次先発?考える」と評価していた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 19:25