ここから本文です

【GOLF】C.コリンズ、「60」で単独首位浮上 石川&岩田は予選落ち

7/22(土) 9:51配信

ISM

 米男子ツアーのバーバゾル選手権は現地時間21日、アラバマ州のRTJトレイルを舞台に順延となった第1ラウンドと第2ラウンドの競技を終了。チャド・コリンズ(米)が通算15アンダーで単独首位に浮上した。

 ツアー初優勝を狙うコリンズは、前半5アンダーで折り返すと、後半は11番から6連続バーディを奪い、11バーディ、ノーボギーの「60」をマーク。初日10位タイから一気に単独トップに浮上し後続に4打差をつけている。

 通算11アンダー2位タイにグレイソン・マレー(米)、キャメロン・トリンガル(米)、通算10アンダー4位タイにブライアン・ゲイ(米)、デビッド・ハーン(カナダ)。通算9アンダー6位タイにタグ・リディングス(米)、マーティン・フローレス(米)、トレイ・マリナクス(米)、スティーブ・アルカー(豪)が続いている。

 その他、通算8アンダー10位タイにレティーフ・グーセン(南ア)、通算5アンダー42位タイにジム・フューリック(米)、通算3アンダー57位タイにデービス・ラブIII(米)。岩田寛は通算2オーバー109位タイ、石川遼は通算5オーバー124位タイで予選落ちとなった。

最終更新:7/22(土) 13:08
ISM