ここから本文です

福轟力(福島出身)三段目優勝 大相撲名古屋場所 初土俵から13年目

7/22(土) 10:06配信

福島民報

 大相撲名古屋場所13日目は21日、愛知県体育館で行われ、三段目で福島市出身の福轟力(29)=ふくごうりき、本名・赤井浩城さん、学法福島高卒、荒汐部屋=が優勝した。「応援して下さる方の励ましが支えになった」と2005(平成17)年九州場所の初土俵から13年目での優勝の喜びをかみしめた。
 東三段目十一枚目の福轟力は勝てば優勝が決まる6戦全勝同士の一番で、突いて出た相手に冷静に対応。相手の足がそろったところでタイミング良くはたき込みを決めた。 
 度重なるけがで結果を残せなかった。2014年初場所に東幕下五枚目まで番付を上げたが、右足首のけがや入門後に痛めた首の影響で幕下と三段目を行き来する日々を送った。今場所は「体が動いていた」と快進撃。学法福島高の後輩で同部屋の若隆元(わかたかもと)、若元春(わかもとはる)、若隆景(わかたかかげ)の3兄弟の活躍も刺激になっているという。「(3兄弟と)切磋琢磨(せっさたくま)し、今年中に十両を目指したい」と力強く決意を語った。 

福島民報社

最終更新:7/22(土) 10:06
福島民報