ここから本文です

庶民が驚く“名門女子校あるある” 別荘は当たり前、自家用ジェットも

7/22(土) 7:01配信

AbemaTIMES

 女子だけの学び舎として、明治初期に女性への中等・高等教育の目的でつくられ、独自の文化を築きながら教育が行われてきた“女子校”。女性の社会進出が進む昨今、男性がいない環境で学ぶ意義はあるのだろうか。

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』では、女子校最強伝説・秘密の花園女子をテーマに女子校出身者たちがその実態を赤裸々に語った。

『うちのマリア像は全然大きくないから…』謙遜? 女子校育ちあるある

 『名門女子校ならではの伝説はあるのか』と聞かれると、中学高校と6年間を横浜の名門女子校・フェリス女学院で過ごし、現在は東京大学大学院に在籍している芸人のたかまつななは「自分の家は友達の家より小さいから貧乏だと思っていた」と告白。

 「友達の家には庭にマリア像があるんです。『すごいね』って言うと『うちのマリア像は全然大きくないから』って謙遜されて。庭に噴水もある友達もいて……」と説明。「芸人になったら自分よりも貧乏の人がいると知ってびっくりした」と語った。

 また「自家用ジェットをもっている友人がいる。だいたいの人がハワイや軽井沢に別荘を持っている」と説明したのが、幼稚園から大学まで東洋英和女学院育ち、ミズ東洋英和コンテストグランプリ2016にも輝いた現役女子大生の須藤未菜さん。「ハワイで『あ、来てたんだね』って同級生とばったり会うこともあります」と話し、通っている人はお金持ちの学生が多いと説明した。

 さらにたかまつななは、自身の学校について「日本で最も痴漢や露出狂が出没する地域」と説明。「多くの女学生が下車する駅だったので、校内放送で『露出狂の方が現れましたのでみなさん下校の際は通らないようにしてください』ってアナウンスが流れるんです」と話した。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

最終更新:7/22(土) 7:01
AbemaTIMES