ここから本文です

【バド世界ランク】常山幹太が男子シングルス日本最上位に浮上!

7/22(土) 14:55配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

7月20日、BWF(世界バドミントン連盟)発表の世界ランキングが更新された。前週はスーパーシリーズなど高ポイントが獲得できる大会がなく、各種目のランキング上位者に大きな変動はなし。しかし、カナダOP(GP)に出場した日本の若手選手らが好成績を収めたため、日本選手らのランク変動が見られた。

男子シングルスでは、そのカナダOP優勝の常山幹太(トナミ運輸)が8ランクアップの37位となり、日本勢一番手に浮上した。坂井一将(42位/日本ユニシス)、上田拓馬(51位/日本ユニシス)に続くのが、19ランクアップの62位となった西本拳太(トナミ運輸)。また、順調に順位を上げている社会人1年目の渡邉航貴(日本ユニシス)は、今週も10ランクアップで93位に浮上している。

なお、カナダOPで国際大会復帰を果たした桃田賢斗(NTT東日本)は、準優勝で4680ポイントを獲得。282位から再スタートを切った。

女子シングルスは、山口茜(2位/再春館製薬所)、奥原希望(8位/日本ユニシス)、佐藤冴香(13位/ヨネックス)のトップ3は変わらず。大堀彩(17位/トナミ運輸)、三谷美菜津(18位/NTT東日本)の順位が入れ替わり、高橋沙也加(日本ユニシス)が10ランクアップの28位、カナダOP優勝の川上紗恵奈(北都銀行)が12ランクアップの40位と順位を上げた。また、鈴木温子(ヨネックス)が11ランクアップの57位と、順調にポイントを重ねている。

男子ダブルスは、園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)が4位をキープ。保木卓朗/小林優吾(20位/トナミ運輸)、井上拓斗/金子祐樹(24位/日本ユニシス)、遠藤大由/渡辺勇大(28位/日本ユニシス)に続くのが、先週から順位を上げている若手ペア。小野寺雅之/岡村洋輝(69位/早稲田大・日本ユニシス)、権藤公平/渡邊達哉(77位/トナミ運輸)は、それぞれ6ランクアップ。上位4ペアとポイント差はあるが、その勢いに期待が高まる。

女子ダブルスは、高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)が1位をキープ。米元小春/田中志穂(7位/北都銀行)、福島由紀/廣田彩花(9位/再春館製薬所)、福万尚子/與猶くるみ(11位/再春館製薬所)と、上位4ペアは変わらず。カナダOP準優勝の篠谷菜留/星千智(日本ユニシス)が8ランクアップの44位、優勝の松本麻佑/永原和可那(北都銀行)が14ランクアップの48位に浮上。新玉美郷/渡邉あかね(NTT東日本)が13ランクアップの56位と、大きく順位を上げている。
また、尾崎沙織/川島里羅(NTT東日本)が38ランクアップの87位、大学生の加藤美幸/柏原みき(筑波大)が11ランクアップの89位。男子ダブルスと同様、若いペアが勢いに乗っている。

混合ダブルスは、A代表の数野健太/栗原文音(14位/日本ユニシス)、渡辺勇大/東野有紗(22位/日本ユニシス)とも順位は変わらず。ランク下位だが、カナダOPベスト4の権藤公平/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)が、217ランクアップで160位に順位を上げている。

バドミントン・マガジン編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ