ここから本文です

泳ぐ前に食べちゃだめ! 意外な7つの食材って?

7/22(土) 11:50配信

ELLE ONLINE

ヘルシーで楽しい夏休みのために……

ビーチでのんびりアイスやジュースを楽しんだり、プールサイドでカクテル三昧したり……。バケーションのお手本みたいな光景も、実はNGだった! 目からウロコの新事実、さっそくチェックしてみて。

アイスクリーム

泳ぐ前に脂質がたくさん入った食べ物を食べると、消化不良を起こして具合が悪くなることも。夏の人気スイーツ、アイスクリームは、そんな症状を引き起こす原因になりかねない食べ物だ。とくに乳脂肪が高いリッチな味わいのアイスクリームにはご用心! プールサイドのおやつには、シャーベットなどがよさそう。

辛い食べ物

泳いでいると、体が常に水平方向になるので、逆流性食道炎が起こりがち。そんなときに辛い食べ物を食べていると、その症状を悪化させることに。体調不良をおこさないよう、泳ぐ前はホットソースや唐辛子を使った料理を食べるのは避けて!

フルーツジュース&ソーダ

フルーツジュースや甘いソーダなどの糖分多めのドリンクではなく、水やスポーツドリンクといった飲み物で水分補給をしよう。甘い飲み物には、腹壁を圧迫する成分が含まれているので、ビーチトリップが興ざめしちゃうことになるかも。

セロリ

セロリをはじめとする特定の食材は、UVを浴びると肌を極度に敏感にさせる科学反応が起こることがある。セロリを食べたあとに、またセロリを調理したあとにその汁が手についたままで日に当たると、やけどや水ぶくれになることがあるそう。プールやビーチで日中を過ごす予定の人は、絶対に食べないで!

アルコール類

アルコールを飲むと判断力がにぶるので、とりわけ水辺にいるときは危険! プールサイドでマルガリータ、ビーチでビールを楽しみたかったら、たしなむ程度が賢明だ。そうすれば、溺れたり、リスキーな事故に巻き込まれなくてすむはず。

豆類

レンズ豆といった豆類は、繊維質がたっぷり。もちろん健康にいい食材ではあるが、水着を着ているときはおすすめできない食材といえる。泳ぐ前にたくさん豆類を取ると、便秘やおなかの張り、こむら返りの原因になるそう。水辺ではしゃぐ気分にもなれなくなるはずだ。

コーヒー

カフェインは、精力的に泳ぎたい人のエネルギーになるけれど、ネガティブな要素の方が多そう。エナジードリンクやコーヒーを飲むと、水のなかで吐き気や下痢を引き起こす可能性があり、脱水症状の原因にもなりえるから。

original text : Hannah Dolin

※この記事は、海外のサイト『delish』で掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

最終更新:7/22(土) 11:50
ELLE ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ