ここから本文です

中島健人、“ここさけ”共演者に感謝を叫ぶ!「マジ大好き」

7/22(土) 17:07配信

ぴあ映画生活

“ここさけ”の通称で絶大な支持を得た同名のオリジナル長編アニメを実写映画化した『心が叫びたがってるんだ。』の初日舞台あいさつが7月22日、都内で行われ、主演を務めるSexy Zoneの中島健人(坂上拓実役)、芳根京子(成瀬順役)、石井杏奈(仁藤菜月役)、寛一郎(田崎大樹役)、熊澤尚人監督が出席した。

“ここさけ”初日舞台あいさつ/その他の写真

他人と本音で向き合えない高校3年生の拓実、幼い頃のトラウマのせいでしゃべると腹痛に襲われる順らが「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、出し物のミュージカルを成功に導こうと奮闘する青春ストーリー。主演を務めた中島は「心の中で、うれしさを叫んでいます」と初日を迎えた喜びを噛みしめた。

この日は「初日の今、叫びたいこと」をお題に、キャスト陣が「こ」「こ」「さ」「け」で“あいうえお作文”に挑戦することに。中島が「打ち合わせしていないので、フリースタイルだよね…」と緊張の面持ちを浮かべるなか、寛、石井、芳根の順番で「こんにちは」「このメンバーでここまで来られたのも」「最高に最強な座長のおかげです。そんな座長は…?」と軽妙なパスが繰り出され、トリの中島は「ケンティーです!」と自身のニックネームで見事に着地させた。

実は中島をのぞく3人は、事前に打ち合わせをしていたといい、それを知った中島は「本当に支えていただきました。“ここさけ”メンバー、マジ大好きだわ」と心から感謝の叫び。「この作品は言葉の重みを大切にしています。皆さんにとって、いろいろな捉え方があると思いますが、監督がこのメンバーを揃えたいとハッキリ言葉にしてくれたおかげで、このすてきな時間を共有できていると思います。言葉は人を強くしてくれます」と力強くアピールした。

また、熊澤監督は「この映画から感じ取れるのは、言葉が人を傷つけてしまうこともあれば、言葉によって助けられることもあるということ。ぜひ、そんなメッセージを持ち帰ってもらい、日常生活に活かしながら、明日、明後日、これからも前向きに生活してもらえれば、うれしいなと思います」と話していた。

『心が叫びたがってるんだ。』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:7/22(土) 17:07
ぴあ映画生活