ここから本文です

「将来は野球選手と結婚したい」現役女子大生にSHELLYが厳しいツッコミ

7/22(土) 12:00配信

AbemaTIMES

 女子だけの学び舎として、明治初期に女性への中等・高等教育の目的でつくられ、独自の文化を築きながら教育が行われてきた“女子校”。女性の社会進出が進む昨今、男性がいない環境で学ぶ意義はあるのだろうか。

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』では、女子校最強伝説・秘密の花園女子をテーマに女子校出身者たちがその実態を赤裸々に語った。

 教員以外の男性がいない環境で勉強に励む女子校。成長し、恋愛面で何らかの影響は出ないのだろうか。中学高校と6年間を横浜の名門校、フェリス女学院で過ごし、現在は東京大学大学院に在籍している芸人のたかまつななは「女子校出身者には3種類いる」としたうえで、「1つめは男性に対してしゃべれない人、2つめは性のお化けになる人、それか3つめは男女の違いがなくてホモサピエンスになっちゃう人」と説明。

 これに対しMCのSHELLYは「女子校出身の人は、男性のことを友達じゃなくて男性としか見れない人が多い気がする」とコメント。一方で、幼稚園から大学まで東洋英和女学院育ち、ミズ東洋英和コンテストグランプリ2016にも輝いた現役女子大生の須藤未菜さんは「共学の子は男性が話していたら面白くなくても笑うと思うけど、私は笑わない。つまらないと思ったらスマホを見始めるし、(男性に)媚びを売るっていうことをあんまりしない」とコメントした。

 これにはSHELLYも「媚びを売るっていうか(スマホをいじるのは)感じが悪いと思うよ」と突っ込みを入れると、女子校育ちのたかまつななも「私も結構スマホをいじる」と同意。「興味がない話に無理やり乗るほうが感じが悪くないですか?」と首をかしげた。

 ここでSHELLYが「ななちゃんが話していることが全部面白いわけじゃないよ?」と忠告すると、たかまつななは「こわい!」とコメントしながらも「興味のない話に“今度連れて行ってください”って言うほうがおかしい」と意見を曲げなかった。

 また、東洋英和女学院の現役女子大生の須藤未菜さんは、どれくらいの年収を稼いでいる人と結婚したいかを聞かれると「2000万円くらい稼いでいる人と付き合いたい」とコメント。さらに「かっこいい人と結婚したい」とも話し、「将来は野球選手と結婚したいっていう夢があるんです」と笑顔を浮かべた。

 とはいえ、SHELLYに「料理とか健康面の管理が大変」「旦那さんがケガをしたらどうするのか」などと問われると「全然考えてなかった……」と困惑ぎみ。たかまつななは「女子校出身者はずっと守られてきたから根拠のない自信があるんですよ」と説明した。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

最終更新:7/22(土) 12:00
AbemaTIMES