ここから本文です

マドリー離脱が噂されるC・ロナウド、監督のジダンがコメント

7/22(土) 7:00配信

SPORT.es

レアル・マドリードの指揮官、ジネディーヌ・ジダンはクリスティアーノ・ロナウドが今夏、サンティアゴ・ベルナベウを離れる事になるとは考えていない。

テレビ局『ESPN』のインタビューでフランス人指揮官は彼の残留を主張した。

ジダンは彼の退団を防ぐためにクリスティアーノと話す意向を持っていない。
「彼はバカンス中だ。休息を取っており、彼はそれにふさわしい。そして我々は彼がバカンスを終えた後、我々の下に戻ってくるのを待っている。それだけの事だ。彼と話す?話さないよ。何故なら最終的にクリスティアーノはマドリーの選手だ。彼は我々の下に残るだろう。」
そのように締めくくった。

アルバロ・モラタのチェルシー移籍についてジダンは選手に理解を示した。
「我々はマドリーを相手にする時以外の全てにおける彼の幸運を願っている。我々はマドリーが彼の家である事を知っている。彼は常にマドリディスタだった。その後(今夏)、彼は決断を下す必要があり、他のクラブに行く決断を下した。」

■言い訳
同インタビュー中、ジダンは「歴代最高の選手は誰」という質問を受けた際は言葉を濁した。
「それを君に言う事はできない。もし私が1人の名前を言えば、その他が怒るだろう。」

また今日における「現役最高の選手は誰か」という質問に対しても、ジダンは「私は最高の選手達を有している。我々はバロンドール(を獲得した選手)を持つ」とクリスティアーノ・ロナウドの存在をほのめかしたが、名前を挙げる事はしなかった。

その他にもジダンは同胞のキリアン・ムバッペについても話した。
「彼は非常に素晴らしい選手だ。そうだよね?彼は18歳でタレントと個性を持っている。彼は1年を通してそれを証明したが、私の選手ではない。私はこれ以上話す事はできない。」

ジダンは来週、マイアミで開催されるクラシコについて結果をそこまで重要視していない様子を見せた。
「それは親善試合だ。我々はいつも通り楽しむだろう。これらの試合は特別なものだ。さらに普段、この2クラブを見る機会がない人々が来るマイアミでの開催だ。素晴らしい試合になる事を祈っているよ。」

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:7/22(土) 7:00
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1