ここから本文です

宇部鴻城、ベスト8入り 夏の甲子園山口県予選

7/22(土) 14:11配信

宇部日報

序盤に大量点、兄弟校対決制す

 第99回全国高校野球選手権山口大会は22日、宇部市野球場「ユーピーアールスタジアム」など県内4球場で3回戦8試合が行われている。同球場の第1試合では、宇部鴻城が7―1で山口鴻城を下し、順当に8強入り。第2試合では、宇部商―萩商工の試合が行われている。

 宇部鴻城は二回2死満塁から相手バッテリーのミスで先制すると、9番楢木の中前打、1番古谷の左越え二塁打で5点を挙げ、試合の主導権を握った。今大会初先発の荒武は、初回の2死二、三塁のピンチをしのぐと、自慢の速球を打者の胸元に投げ込む強気のピッチング。七回から継投した百留も好投し、山口鴻城を1点に抑えた。

 ◇市野球場▽3回戦▽宇部鴻城7-1山口鴻城
 【21日】
 ◇市野球場▽2回戦▽萩商工8-7
 ◇オーヴィジョンスタジアム下関▽2回戦▽豊浦5-3下関工・工科
 ◇津田恒実メモリアルスタジアム▽2回戦▽徳山8-5防府商工(延長14回)▽高川学園9-0南陽工(7回コールド)
 ◇ビジコム柳井スタジアム▽2回戦▽岩国商10-0高水(5回コールド)▽柳井学園8-1大島商船(7回コールド)

最終更新:7/22(土) 14:30
宇部日報