ここから本文です

違法残業の略式起訴を受け 県が電通の入札参加を停止/富山

7/22(土) 13:17配信

チューリップテレビ

 社員に違法な残業をさせたとして大手広告会社・電通が略式起訴されたことを受けて、県は、21日から1か月間、県が発注する事業への電通の入札参加資格を停止しました。

 県が入札に参加する資格を停止したのは、東京都港区に本社がある大手広告会社・電通です。
 電通を巡っては、自殺した新入社員の女性らに違法な時間外労働をさせていたとして、今月5日、東京地検が法人としての電通を労働基準法違反の罪で略式起訴しました。
 これを受け、県は電通に対し、21日から来月20日までの1か月間、県が発注する事業への入札参加資格を停止しました。
 県によりますと、子会社の電通西日本との間に契約はあるものの、現在、親会社の電通との間には、直接的な契約関係にある事業はないということです。

チューリップテレビ