ここから本文です

富山は全国2位の暑さ 県内6地点で猛暑日に/富山

7/22(土) 13:20配信

チューリップテレビ

 21日の県内はフェーン現象で朝から気温がぐんぐん上がり、富山は、全国でも2番目の暑さとなりました。

 県内6つの観測地点で35度をこえる猛暑日となり、熱中症とみられる症状で緊急搬送も相次ぎました。
 今夜も熱帯夜となる予報で、22日も暑い1日になりそうです。

 「立っているだけで汗が噴出してくるようなものすごい暑さです。あちらの温度計では37度を計測しています」(梶谷記者)

 21日の県内は南風が入り込んだ影響でフェーン現象となったため朝から気温がぐんぐんと上昇しました。
 富山市では全国で2番目の暑さとなる37.2度を記録したほか、高岡市伏木で35.1度を記録するなど、県内10ある観測地点のうち6地点で35度を越える猛暑日となりました。
 このため、黒部市の球場で高校野球を応援していた男子高校生や南砺市でゴルフをしていた60代の男性が熱中症とみられる症状で緊急搬送されました。
 いずれも軽症だということです。
 こうした中、カキ氷が有名な富山市の飲食店山川いもや本店には、涼を求める人の姿が多く見られました。
 22日も、県内の予想最高気温は34度と、暑くなる見込みで富山地方気象台は水分をこまめに取るなどし、熱中症に注意するよう呼びかけます。

チューリップテレビ