ここから本文です

阪神、自滅でヤクルトに7月初勝利許す 四死球連発、中谷は3バント失敗

7/22(土) 21:52配信

ベースボールキング

○ ヤクルト 6 - 2 阪神 ●
<14回戦 神宮>

 ヤクルトが連敗を「14」でストップ。対する阪神は攻守ともにミスが目立ち、自滅に近い形で敗れた。

 阪神は2点を追う2回、ヤクルト先発・由規の乱調につけ込み一死二、三塁の好機を作ると、7番大和が中前への2点適時打を放ち、すかさず同点に追いついた。

 しかし、先発の能見がピリッとしない。2回裏も先頭打者の四球をきっかけに2失点。3回以降は立ち直ったが、この日もエンジンのかかりが遅く、5回に一死一、三塁のピンチを招いたところで降板した。ここは2番手・松田が後続を抑えたが、能見は5回途中4失点。先発の役割を果たせず5敗目(3勝)を喫した。

 2点追う6回表は無死一、二塁の好機を作るも、3番中谷が2球連続で送りバント失敗。阪神ベンチは3バントを命じたが、中谷は3球目もバントを決められず、結果はバント三振。その後、4番福留、5番ロジャースは連続三振に倒れた。

 その裏には一死一、二塁のピンチで登板した3番手・岩崎が、代打・上田に四球を与え満塁としてしまう。岩崎は二死まで漕ぎつけるも、2番荒木に死球、3番バレンティンには四球と、まさかの連続押し出し。この回は1安打しか許さなかったが、計4四死球を献上し、致命的な2点を失った。

 打線は7回以降、チャンスすら作れず敗戦。阪神は11-1で勝利した前夜の良い流れを活かせず、最下位相手に痛い星を落とした。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ