ここから本文です

強いで首位C大阪、4連勝&9戦不敗!前半圧巻4発で浦和を粉砕!!

7/22(土) 21:03配信

ゲキサカ

[7.22 J1第22節 C大阪4-2浦和 ヤンマー]

 セレッソ大阪がホームで浦和レッズに4-2で快勝した。リーグ4連勝&9戦不敗で勝ち点を41に伸ばしたC大阪は首位をキープ。1試合多いが、2位に勝ち点4差をつけることになった。公式戦の連勝は7、不敗は14に伸びた。29日に行うガンバ大阪との“大阪ダービー”に向け弾みをつけた。浦和はリーグ戦では2戦ぶりとなる今季8敗目を喫した。

 現在、J1リーグはサマーブレイクで中断中だが、浦和が8月15日に行うスルガ銀行チャンピオンシップ2017に出場するために、1試合のみ繰り上げ開催で実施された。

 C大阪が爆発力をいきなり見せつけた。開始6分、MFソウザのクロスが右に流れるも、拾ったMF水沼宏太が入れ直したボールをFW杉本健勇が押し込み先制。直後の同8分にはFW柿谷曜一朗の左からのクロスを杉本が頭で合わせて、リードを2点に広げる。

 浦和も前半18分にFWズラタンのゴールで1点を返して持ち直したかのように見えたが、同27分にMF山口蛍が鮮やかなミドルシュートをゴール左隅に蹴り込み、再び2点差に。同35分にも水沼のアシストからDF丸橋祐介が決める圧巻のゴールラッシュで浦和を突き放した。

 一方の浦和は前半終了間際のプレーでFWラファエル・シルバが得点して後半の戦いに望みをつなぐ。さらに後半開始からMF宇賀神友弥とDF森脇良太に代えてMF駒井善成とDF那須大亮の2枚替え。勝負を仕掛けるが、守りを固めるC大阪の守備網をこじ開けることはできない。

 試合は4-2でC大阪の勝利。C大阪は前節の柏戦に続き、前半戦で敗れているチームへのリベンジに成功した。

最終更新:7/22(土) 21:14
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合