ここから本文です

米国株(21日):小幅安、トランプ氏捜査を警戒-GE決算に失望

7/22(土) 5:27配信

Bloomberg

21日の米国株式相場は小幅安。トランプ米大統領に対する捜査で経済政策が行き詰まる可能性があるとして、市場で懸念されている。ゼネラル・エレクトリック(GE)の決算も失望を招いた。

S&P500種株価指数は0.1%未満下げて2472.54。ダウ工業株30種平均は31.71ドル(0.2%)安い21580.07ドル。GEが値下がり率トップとなった。ナスダック総合指数は0.1%未満の値下がり。

政治に引き続き市場の注目が集まっている。この日はホワイトハウスのスパイサー報道官が辞任したほか、トランプ大統領は米スカイブリッジ・キャピタル創業者のアンソニー・スカラムッチ氏(53)をホワイトハウスの広報部長に起用した。

トランプ大統領はまた、モラー特別検察官が率いるロシア疑惑捜査の拡大に備え、自身の弁護団を刷新した。ジョン・ダウド弁護士は自身がロシア疑惑捜査に関する大統領の主任弁護士となり、マーク・カソウィッツ氏の役割は縮小すると述べた。

この日のS&P500種の業種別指数ではエネルギー株が0.9%安と、値下がり率トップ。原油価格の下げが響いた。資本財・サービス株は0.2%下落。ゼネラル・エレクトリック(GE)は2.9%安。同社は通期利益について、同社予想レンジの下限近くになる可能性が高いとの見通しを示した。

一方、安全性が求められる中、公益事業や不動産、生活必需品株は上昇した。

ボラティリティ指数(VIX)は2.5%低下の9.34と、1993年12月以来の低水準となった。

原題:S&P 500 Stalls at Record Amid Trump Drama, Earnings; VIX Sinks(抜粋)Stocks Fall, Dollar Sinks as Politics Take a Toll: Markets Wrap(抜粋)

第1段落に追記、3段落以降を追加し、更新します.

Oliver Renick

最終更新:7/22(土) 6:11
Bloomberg