ここから本文です

クリス・ブラウン、フューチャー、ザ・ドリームら参加 ミーク・ミルが2年ぶり新作を発売

7/23(日) 23:10配信

bmr.jp

クリス・ブラウン、フューチャー、ザ・ドリームら参加 ミーク・ミルが2年ぶり新作を発売

クリス・ブラウン、フューチャー、ザ・ドリームら参加 ミーク・ミルが2年ぶり新作を発売

前作『Dreams Worth More Than Money』で全米アルバム・チャート初登場1位を獲得するなど人気のラッパー、ミーク・ミルが、アルバムとしては2年ぶりとなる新作『Wins & Losses』を発表した。

ニッキー・ミナージュとの交際・破局でも話題になったミーク・ミルは、リック・ロス率いるMaybach Music Groupの看板ラッパー。2012年に発表したメジャー・デビュー作『Dreams and Nightmares』で全米チャート初登場2位、2015年に発表したセカンド・アルバム『Dreams Worth More Than Money』では初登場から2週連続で1位と活躍している。

今年1月には、この2年ほど仲睦まじい様子を見せていた人気女性ラッパーのニッキー・ミナージュと破局したことが伝えられ、ゴシップ欄も賑わせたミーク・ミルだが、5月頃から立て続けに“Glow Up”などの新曲を発表し始め、ボスであるリック・ロスが、ミーク・ミルの新作タイトルは『Wins & Losses』になると発表するなど、ニュー・アルバムへの期待を高めていた。そして今月頭になって、正式に2年ぶりのアルバム『Wins & Losses』が7月21日になるとアナウンスされた。

予定どおり発売されたニュー・アルバム『Wins & Losses』は全17曲を収録。アルバムからは、オナラブル・C.N.O.T.E.が手がけた“Glow Up”や、クリス・ブラウンとタイ・ダラー・サインをゲストに迎えた“Whatever You Need”、ザ・ドリーム参加の“Young Black America”の3曲が先行して発表されており、DJマスタードが手がけた“Whatever You Need”はトニ・トニ・トニの“Whatever You Want”などをサンプリング、“Young Black America”はジェイ・Zの傑作『The Blueprint』から“Blueprint (Momma Loves Me)”と同じアル・グリーンねた使いでも話題を呼んだ。

アルバムには他に、MMGのボスであるリック・ロスや、 フューチャー、ヤング・サグ、ミーゴズのクエヴォ、リル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)といった人気ラッパーたちに加え、昨年“Keep You In Mind”が米アダルトR&Bチャートで1位になった新鋭ジョーダン・バンクスや、カニエ・ウェスト“Fade”のミュージック・ビデオでのワークアウト風ダンスが大反響を呼んだティヤーナ・テイラー、プロデューサー/ソングライターとしても活躍するヴァース・シモンズといった才能たちがゲストとして集まっている。

ミーク・ミルによると、この新作『Wins & Losses』は「人生における勝利と敗北」をコンセプトにしたものだという。ツイッターではこの新作で「全てのことに触れる」とも述べていたが、実際にニッキー・ミナージュについても触れた歌詞が“1942 Flows”などで登場している。

1. Wins & Losses
2. Heavy Heart
3. Fuck That Check Up (feat. Lil Uzi Vert)
4. Whatever You Need (feat. Chris Brown & Ty Dolla $ign)
5. 1942 Flows
6. Issues
7. We Ball (feat. Young Thug)
8. These Scars (feat. Future & Guordan Banks)
9. Connect the Dots (feat. Yo Gotti & Rick Ross)
10. Fall Thru
11. Never Lose (feat. Lihtz Kamraz)
12. Glow Up
13. Young Black America (feat. The-Dream)
14. Open (feat. Verse Simmonds)
15. Ball Player (feat. Quavo)
16. 16. Made It from Nothing (feat. Teyana Taylor & Rick Ross)
17. Price

最終更新:7/23(日) 23:10
bmr.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ