ここから本文です

【SUPER GT 第4戦】晴天でレースをしたい…予選TOP3ドライバートークショー

7/23(日) 11:41配信

レスポンス

SUPER GT第4戦スポーツランドSUGOで、予選TOP3ドライバートークショーが行われ、ドライバーは「雨の中でレースはしたくない、できれば晴れた中でレースをしたい」と口々に話した。

[関連写真]

今シーズンのSUPER GTは、決勝日に予選でTOP3に入ったドライバーのトークショーが行われている。第4戦スポーツランドSUGOでも行われ、GT300クラスは25号車の松井孝充、18号車の川端伸太朗、60号車の吉本大樹、GT500クラスは8号車の野尻智紀、100号車の山本尚貴、17号車の塚越広大が登場した。

GT300クラスの60号車の吉本は「ここ数年参加していても影が薄かったですが、やっとレースをしている順位にきたのでレースを楽しみしたい」、18号車の川端は「Q1を初めて通過しました、モチベーションをあげて行きたいです」、25号車の松井は「午前中の時間を使ってセットアップに注力してポールを狙っていました」と語った。

トップ3をホンダ勢が独占したGT500クラスの17号車の塚越は「2008年か09年にホンダがトップ3を独占していたそうですが、その頃は、ここにいるドライバーは誰も知らないかもですね」と笑いを誘った。100号車の山本は「オートポリスから調子が悪かったのですが、ここで2番手を取れてよかったです」、8号車の野尻は「ポール取れてよかったです。できればこのまま逃げ切りたいですね」と語った。

また、SUGOは毎戦大きな波乱が起き、「魔物が棲む」と呼ばれているサーキット。トークショーが行われた午前中も雨が降ったり止んだりで不安定、波乱が起きることが予見できそうな状態の中、「雨の中は前が見えないし、追い抜きや抜かれる時も前後が見えないので危ない、何も起こらないといいですが」とドライバーは口々に語った。

《レスポンス 雪岡直樹》

最終更新:7/23(日) 11:41
レスポンス