ここから本文です

京口ラッキーカラーの“オレンジ”色で世界獲る 王座奪取へ

7/23(日) 6:05配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・IBF世界ミニマム級タイトルマッチ」(23日、大田区総合体育館)

 ダブル世界戦の調印式と前日計量が22日、都内で行われた。計量はIBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメド(28)=メキシコ=が500グラムアンダーの47・1キロで、京口紘人(23)=ワタナベ=はリミットの47・6キロ、WBA世界ライトフライ級王者の田口良一(30)=ワタナベ=と挑戦者のロベルト・バレラ(24)=コロンビア=はともにリミットの48・9キロで、4選手とも一回でクリアした。

【写真】アルグメドとガンを飛ばし合う京口

 京口が勝負カラーで世界を獲る。試合ではオレンジ色のグローブを着用するが、デビュー以来着用しているトランクスや、スマートフォンのケースもオレンジというラッキーカラーだ。「前から世界戦はオレンジのグローブと決めていた。(母校)大商大の色で自分のソウルカラーやと思っている。占いでも縁起がいい色だった」。リングを自分色に染め、王座を奪取する。