ここから本文です

修繕神輿、きらびやか 藤枝・立石神社大祭

7/23(日) 8:36配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 藤枝市岡部町内谷の立石神社の大祭が22日、神社周辺で始まり、神輿(みこし)の練り歩きが行われた。80年以上使い続けてきた「地域の宝」の神輿を1年かけて修繕した後、初めての大祭。地域住民はきらびやかな神輿と担ぎ手の勇壮な姿を楽しんだ。大祭は23日まで。

 神社神輿会によると、神輿は1935年の関東大震災復興記念博覧会に出品された品を当時1600円で購入した。「家3軒分もの金額」を氏子が協賛金として工面したという。地元にとって自慢の神輿も長年の使用で修繕が必要な箇所が数多く出たため、2016年の大祭での使用を最後に修繕に出した。

 神輿は今月2日に彫刻や漆などがきれいになって戻ってきたばかり。22日は白装束を身に着けた担ぎ手が大きな掛け声を上げながら神社を出発し、勇ましく地区を練り歩いた。

静岡新聞社