ここから本文です

多彩な音楽、夏満喫 沼津で23日までフェス

7/23(日) 8:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 音楽とアートを楽しむイベント「夏フェスサマー・オブ・ラブ」(静岡新聞社・静岡放送後援)が22日、沼津市の沼津中央公園で始まった。23日まで。手作り雑貨や飲食店が並び、多彩なジャンルの音楽で会場を盛り上げた。木材を組み立てて作った休憩所「リビングキューブ」も人気を集めた。

 県東部で活動するグループがレゲエやソウル、ジャズなどを次々に演奏した。来場者は冷たい飲み物やうちわを手に、歌を口ずさんだり、リズムに合わせて体を揺らしたりした。アクセサリーやかばんなどの手作り品の販売も盛況だった。

 会場には廃材で作った立方体の枠組み「リビングキューブ」が3台並んだ。休憩所として来場者がくつろぐだけでなく、物販ブースとしても活用した。

 市が昨年開いた公共空間の使い方を考えるワークショップの参加者でつくるプロジェクトチームが設置した。ワークショップで出たアイデアの実現へ約半年かけて準備を進めてきた。

 リーダーの会社員梅沢功一さん(49)は「多様な使い方を提案していきたい」と話した。

静岡新聞社