ここから本文です

大体大浪商・宮本が5回ノーヒット投球 勝負赤パンで今夏初先発

7/23(日) 12:20配信

デイリースポーツ

 「高校野球大阪大会・4回戦、大体大浪商10-0槻の木」(23日、万博記念公園野球場)

【写真】浪商の大先輩、甲子園を沸かせた牛島・香川のバッテリー

 大体大浪商のエース左腕・宮本大勢投手(3年)が今大会初先発し、5回参考記録ながらノーヒットノーランを達成。チームを16強へ導いた。

 「インコースを攻められるかが課題」と挑んだマウンドで、公式戦では初めてという無安打投球。許した走者は三回、先頭打者の四球だけだ。投前犠打で得点圏まで進められたが、自ら二塁けん制で刺した。

 春以降、体幹トレーニングで球のばらつきをなくし、制球が安定感を増した。体重も2キロ増。この日は「先発の日にはくと勝つ」という赤いパンツで臨み、見事な投球を披露した。

 打線も3番・西川尚汰外野手(3年)が2本の本塁打を放つなど、12安打10得点で五回コールド勝利した。

 3回戦まではチームのバランスを考慮して他の投手を先発させてきた四田勝康監督(60)は「やっぱり宮本が投げたらチームが落ち着く。これがエース」と、宮本の影響力を評価。宮本も「3人で斬ったらテンポが良くなり、打線も打ってくれる。しっかり投げられたのでよかった」とホッとしていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 18:10