ここから本文です

土屋太鳳 夏木マリから「やるな、お主!」と絶賛…歌に作詞にと活躍し

7/23(日) 15:41配信

デイリースポーツ

 女優の土屋太鳳(22)が23日、都内で、日本語吹き替え声優を務めたアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」(8月12日公開)のジャパンプレミアに、夏木マリ(65)と登場した。

【写真】土屋太鳳 片寄凉太の頭ポンポンに「ズキュン」

 19世紀末のパリでバレリーナを目指す主人公・フェリシーの声を担当した土屋は、自身も3歳からバレエに取り組んでいたとあって、「共感するとこが多くて。パワーあふれる作品で、フェリシーとして生きられました」と感情移入。主題歌「Felicies」(8月4日配信)を歌い、作詞も手掛けており、夏木からは「いい歌だなと思いました。やるな、お主!」と絶賛された。

 歌って踊れる土屋に対して、夏木はライフワークとしている舞台「印象派」シリーズへの出演オファーを、「いつかプリンシパルとして一緒にパフォーマンスを作りたい。じわじわ攻めて、アプローチします」と直訴していた。