ここから本文です

国際宇宙ステーション/きぼう 23日夜、日本付近を通過

7/23(日) 12:09配信

ウェザーニュース

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、7月23日(日)夜、国際宇宙ステーション/きぼうが日本付近を通過。晴れていれば広いエリアで観測のチャンスがあります!

【飛行ルート的に全国で観測チャンス】
JAXAによると、広いエリアで、最大仰角が30度以上で見ることができそうです!特に飛行ルートに近い札幌、秋田、広島、福岡周辺では、夜空の高いところをスーッと光の点が通るのを見ることができそうです。

※東京・那覇は最大仰角30度未満となり、他のエリアよりはやや見えにくくなります。


【見やすい場所は?】
空が開けていて、周りに高い建物が少ないほうが見つけやすいです。

ただ、通常の天体観測とは異なり、空が真っ暗なところに行かなくても大丈夫です。条件がよければ-2等星ほどの明るさ(1等星の約15倍)になるISSは、街中でも見つけやすく、方角と仰角が合えば公園や家のベランダで気軽に見られます。

今夜21時頃に日本の上空を通過するISSは、札幌ではほぼ天頂付近を、それより南のエリアでは天頂から北の方向を通過する見込みです。


【今夜の天気は?】
ただ、23日(日)夜は梅雨前線の影響で、広いエリアで雲が広がりやすく、見えたとしても雲のスキマからになってしまいそうです…。一方、沖縄や北海道の日本海側では概ね晴れるので、バッチリと観測ができそうです。

ウェザーニュース