ここから本文です

日本ハム・太田賢吾内野手が初スタメンで初タイムリー 初のマルチ安打

7/23(日) 20:19配信

デイリースポーツ

 「西武9-2日本ハム」(23日、メットライフドーム)

 日本ハム・太田賢吾内野手が「7番・二塁」でプロ初スタメン出場し、初適時打を含む2安打と活躍した。

 埼玉・川越工出身で3年目。地元に近い、所沢のメットライフドームで躍動した。四回2死三塁から投前への内野安打で初打点を挙げると、六回には中前打を放ち、初のマルチ安打。

 守備でも三回には併殺打を完成させるなど、好守でもり立てる姿に栗山監督は「必死に守ろうとする姿がよかった。緊張しただろうけど、一生懸命、守る姿の中から自分で落ち着いてやれる環境を作っていったことが、ヒットにつながっていったと思う」と姿勢を評価していた。

スポーツナビ 野球情報