ここから本文です

義足のハイジャンパー鈴木徹、悲願のメダル! 世界パラ陸上ロンドン大会

7/23(日) 10:28配信

カンパラプレス

 22日、世界パラ陸上競技選手権ロンドン大会(大会9日目)が行われ、男子走り高跳び(T44=下腿切断など)で、鈴木徹(SMBC日興証券)が2m01の記録で銅メダルを獲得した。

【写真】パラアスリートたち

 競技後、鈴木は「2m01の跳躍は完璧。ジャストミートできた。2mを跳んで銅メダルを獲りたかったので目標が達成できて嬉しい。国際試合では珍しく失敗数も少なかったし、2m01も初めて身体がバーが触れずに超えられた。リオデジャネイロパラリンピック後、空中姿勢の強化に取り組み、完璧ではないが、なんとか間にあった。空中姿勢の強化という方向性は間違っていないので、3年後の東京パラリンピックでの勝負を見据え、アジア大会、世界選手権と積み上げていければ」と笑顔で話した。

下記、一問一答

Q,今日の結果について

選手が少なく、185cmでも銅メダルだったが、2mを跳んで銅メダルを獲りたかったので目標が達成できて嬉しい。国際試合では珍しく失敗数も少なかったし、2m01も初めて身体がバーが触れずに超えられた。リオパラリンピック後、空中姿勢の強化に取り組み、完璧ではないが、なんとか間に合いました。今日は上に跳ぶことを意識したのと、走路が固いので、なるべくゆっくりした助走でしっかり踏むことを意識。2m01の跳躍は完璧。ジャストミートできました。

Q.会場の雰囲気について

1本目から観客に手拍子を求めたのは最初から決めていました。5年前のパラリンピックを経験し、ロンドンの観客には盛り上げてくれる雰囲気があると思ったし、盛り上げ方も知っているので、力を貸してもらいました。僕も楽しんだし、お客さんにも楽しんでもらえたのが好結果につながったと思います。

Q.今シーズンと今後について

今年前半は苦しんだが、渡英直前に195cmを練習で跳ぶなど調子があがってきていました。空中姿勢の強化という方向性は間違っていないので、3年後の東京パラリンピックでの勝負を見据え、アジア大会、世界選手権と積み上げていければと思います。

Q.リオデジャネイロパラリンピックでの経験は?

リオで惨敗したときは悔しさが身体から溢れた。リオが終わって帰国してから1週間は1人でやる気もおきなく涙があふれてくる事が続いた。西日本カーニバルに出て、やはり跳ぶという事が自分には必要だということを認識した。やっぱりジャンプ好きだと思ったし、自分を表現できるのはジャンプしかないと再認識できました。やはり跳ぶことにはいつまでも挑戦していきたい。リオの経験はきっと東京にいきてくると、しっかり振り返ることができました。それが今日の結果につながっていると思います。

Q.日の丸を背にしたウィニングランでは?

日の丸を背にしたウィニングランは緊張しました。(国際大会での)個人でのメダル獲得は始めてだったので。これまでは、スタンドからメダリストの様子を観ていましたが、やはり景色が違いました。「そこ」にいった人にしか分からない景色。リオでは悔しい思いがあったからこそ、今回いいジャンプができたと思います。

取材協力:星野恭子

最終更新:7/23(日) 22:08
カンパラプレス