ここから本文です

国際物理五輪 渡邉明大君(東大寺学園高)が世界1位、3年連続金メダル 日本代表は金2銀3

7/23(日) 15:15配信

高校生新聞オンライン

 世界の高校生が物理の実力を競う第48回国際物理オリンピック(IPhO 2017)が7月17日から23日までインドネシアで開催され、日本代表として高校生5人が参加。2人が金メダルを、3人が銀メダルを獲得した。渡邉明大君(奈良・東大寺学園高校3年)は高校1年次から3年連続の金メダル。総合成績で世界1位の参加者に贈られる「Absolute Winner」に輝いた。いずれも日本選手初の快挙だ。文部科学省と物理オリンピック日本委員会が23日、発表した。

86カ国・地域から395人が参加

 大会は、各国から選抜された高校生らに物理への興味と能力を高めてもらい、国際交流を図るのが目的だ。20歳未満で大学教育などを受けていない生徒が対象で、参加は各国5人まで。今回は世界86カ国・地域から395人が参加し、理論問題、実験問題に各5時間をかけて挑んだ。今回は金メダルが64人に、銀メダルが72人に、銅メダルが102人に与えられた。

灘高2年生の吉見君も金メダル

 金メダルを獲得したのは、渡邉君と吉見光祐君(兵庫・灘高校2年)。銀メダルを獲得したのは、氏野道統君(大阪星光学院高校2年)、小宮山智浩君(埼玉県立大宮高校3年)、中江優介君(大阪府立北野高校3年)の3人。吉見君は昨年の大会で銀メダルを受賞しており、2年連続のメダル獲得だ。

渡邉君、大会前には「全力で楽しむ」

 3年連続金メダルの渡邉君は、総合成績と実験成績で1位となり「Absolute Winner」を受賞した。高校1年次に初めて金メダルを獲得した後の高校生新聞の取材に「せっかく物理を勉強していたので、腕試しとして予選に挑戦しました。代表に選ばれてからも、学校の勉強との両立が大変で、1週間に1度は辞めたいと思っていました(笑)」と話していた。今大会前の結団式では「(国際物理オリンピックのための)研修を3年間受けました。過去の研修で得た知識や経験、教訓を生かして、最後のIPhOを全力で楽しんできたいと思います」と語り、3年間支えてくれた人たちへの感謝を述べていた。

1/2ページ