ここから本文です

予選7番手獲得の51号車RC F。中山雄一「雨なら表彰台圏内狙える」/スーパーGT SUGO予選

7/23(日) 9:59配信

motorsport.com 日本版

 スーパーGT第4戦の予選がスポーツランドSUGOで行われた。ポイントランキングで首位タイにつけている#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一/坪井翔)は、7番手を獲得した。

【写真】第2戦富士ラウンドで優勝した#51 JMS LMcorsa RC F GT3

 予選の結果について、Q2を担当した中山は全体的に良い予選だったと振り返った。

「SUGOはJAF-GTが得意とする、つまり車重が軽い方が有利なコースだと思います。GT3車両の中でも最重量級のRC F、それもGT3の中でもポイントランキングが一番上なので、(ウェイトハンデで)車重が重い中で7番手でした」と、予選後に中山は語った。

「Q1突破できるかなという風に思って、このSUGOに入ったんです。だけど朝から調子良くて、坪井選手がQ1を通過してくれて、Q2は僕が担当しました。すごい良いアタックというわけではなかったんですけど、なんとか7番手に入ることができて、決勝に向けてしっかりポイントを獲得できる位置につけてスタートできるので、全体的にはすごく良い予選でした」

 現在、#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、今回ポールポジションを獲得した#25 VivaC 86 MC(松井孝允/山下健太)と獲得ポイントで並んでいる。本人も言うように、SUGOは基本的にGT3車両よりも車重が軽いJAF-GT、マザーシャシー勢が有利と見られている。ただ、RC F GT3とSUGOの相性も悪くはないようで、2ポイント差でランキング3位につけている#4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)を上回ってみせた。

「#4 グッドスマイル 初音ミク AMGはもっと速いと思っていたんですけど意外と伸びず、自分たちの後ろにいるのはなんでかなと。でもチームメイトの#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(飯田章/吉本大樹)は3番手に入っているので、RC FがSUGOに合っているのかなというのを確認できました。だからレースでもRC Fは強いんじゃないのかなと思います」

 決勝は雨の予報。実際に決勝日は朝から、強くはないもの雨がパラつき、路面はウェットとなっている。雨で強いとされているブリヂストンタイヤを履く#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3。中山も、雨の決勝になってもドライと同様、大きな自信を持っているようだった。

「ブリヂストンタイヤが雨で速いというのは、ここ数年目に見えていて、”雨が降ればBSが勝つ”みたいなレースの流れになっているので、その点では晴れでも調子良いですし、雨でも良いやということでどっちに転んでも良いです」

「だけどSUGOで雨っていうと”魔物”ってよく言われますけど、いろいろなことが起きるので、その中で一番損をしないように走れたら良いなと思います」

「今までずっと完走していて、完走するとポイントが獲れるという位置で走れているので、今回も自分たちのベストを尽くすことが重要だと思います。雨が降れば表彰台圏内にいると思いますし、ドライでもちゃんとポイントを持って帰れるところにいると思うので、決勝がすごく楽しみです」

松本和己