ここから本文です

星野源や平井堅が絶賛した曲とは?

7/23(日) 0:10配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月17日(月)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、月曜日レギュラーアシスタント:松井玲奈)にシンガーソングライターのオーイシマサヨシが登場し、TVアニメ『けものフレンズ』の影響力について語った。

自称”アニソン界のおしゃべりクスメガネ”、オーイシマサヨシ。多数のTVアニメの主題歌を手がけてきたオーイシだが、最近では社会現象となったTVアニメ『けものフレンズ』の主題歌「ようこそジャパリパークへ」の作詞・作曲・編曲を担当。

この日は登場してすぐ、挨拶がわりに生の弾き語りで「ようこそジャパリパークへ」のセルフカバーを披露して見せた。

けものフレンズの放送以降、オーイシの周辺では様々なことがあったらしく、星野源がラジオで「ようこそジャパリパークへ」を真っ先にOAしたり、一切面識の無い平井堅がTV番組で楽曲を絶賛してくれたことに驚いたそうだ。これについてオーイシは「多分普通のアニソンは、平井堅さんの耳まで届かない」「けものフレンズというアニメのおかげ」と、あくまで自分の手柄では無く、アニメ自体のおかげであると語る。

そしてけものフレンズ効果は、そのほかにもいろいろな環境の変化をもたらしたそうだ。

吉田:(オーイシくんは)謙虚なのに、同時に調子に乗ることが出来る不思議な人なんですよ(笑)

オーイシ:もうね、最近「アニソン界のおしゃべりクソメガネです!」って言いやすくなりましたからね。

吉田:好きでしょそれ?

オーイシ:好きですね!しかも認知度じゃないですけど「オーイシおにいさん!」みたいな感じで、けものフレンズファンの方も認知していただいたので、すごく居心地が良くなってきたのもありますね。

吉田:着々とアニソン界の明石家さんまへの地位を‥‥。

オーイシ:いやいやいや!勘弁してください!

吉田;のぼり詰めつつあるなかで‥‥。

オーイシ:ハードル高すぎますよ!

吉田:海外行きまくりなんでしょ今?

オーイシ:そう、昨日も台湾でライブしたんですけどやっぱみんな知ってて。それこそ「ようこそジャパリパークへ」を弾き語りで歌ったりすると合いの手が完璧にできるんですよ。「フレンズ~!」「フレンズ~!」みたいな!

吉田:みんな台湾の人ですよね?(笑)

オーイシ:うん!「ワン!トゥー!スリー!」みたいな!

吉田:やってくれるんだ!?

オーイシ:みんなやってくれるんですよね~!

もはや世界の“おしゃべりクソメガネ”となったオーイシマサヨシ。これから先、どんな活躍を見せてくれるのか要注目だ。

ニッポン放送