ここから本文です

J2岡山ホーム戦に高校生無料招待 1600人が声援、和太鼓披露も

7/23(日) 22:14配信

山陽新聞デジタル

 シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で23日開催されたサッカーJ2・ファジアーノ岡山の山口戦に岡山県内の高校生が無料で招待され、駆け付けた約1600人がサポーターとともに熱い声援を送った。

 スタジアム前広場に高校生を対象としたブースを設け、生徒手帳で確認してチケットをプレゼントした。高校生たちは続々と会場入り。関西高1年でサッカー部の男子生徒(15)は「ファジアーノは岡山のチーム。勝つと刺激を受けるし、自分も頑張ろうと思う」とゲームを見守った。

 無料招待に合わせ、高校生が主役となるパフォーマンスも会場内外で披露された。ピッチ脇では玉島商業高の和太鼓部員約20人が力強い演奏で選手、サポーターたちを鼓舞。部長の3年女子生徒(17)は「『地域に愛される』という和太鼓部と同じ目標を持つファジアーノの勝利を願い、演奏した」と話した。

 無料招待は郷土に拠点を置くチームの観戦を通じ、古里への愛着を深めてもらおうと企画し、昨年に続き2回目。クッキー、バッグなど高校生が開発したオリジナル商品の販売ブースも設けられた。