ここから本文です

世界249位の予選勝者エブデン、ツアー初の決勝へ<男子テニス>

7/23(日) 10:36配信

tennis365.net

ホール・オブ・フェーム選手権

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は22日、シングルス準決勝が行われ、予選勝者で世界ランク249位のM・エブデン(オーストラリア)が同131位のP・ゴヨブジク(ドイツ)を6-3, 6-3のストレートで下し、ツアー初の決勝進出を果たした。

【錦織14位後退 フェデラー確定】

この試合、主導権を握ったエブデンはトータルで5度のブレークに成功。安定した試合運びでゴヨブジクを寄せつけず、1時間2分で勝利を手にした。

決勝では、第1シードのJ・イズナー(アメリカ)と対戦する。イズナーは、同日の準決勝でB・フラタンジェロ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

現在29歳のエブデンは、2012年10月に自己最高の世界ランク61位を記録。シングルスではタイトル獲得に至っていないが、ダブルスではツアー大会で4勝、2013年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ミックスダブルスではJ・ガイドソバ(オーストラリア)とペアで優勝を果たした。

しかし、近年は怪我に苦しみ、2016年にはツアーを一時離脱。復帰後は下部大会に出場し、ランキングは現在249位まで落としている。

tennis365.net

最終更新:7/23(日) 10:36
tennis365.net