ここから本文です

チャルハノール、ボヌッチ以上のインパクト? バイエルン相手に2ゴールの若きミランFWに注目

7/23(日) 10:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

FWのバックアッパーとして魅力的

今夏超積極的な補強を展開しているミランは、22日にインターナショナル・チャンピオンズ・カップでバイエルンと対戦。マテオ・ムサッキオ、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・コンティ、リカルド・ロドリゲス、ルーカス・ビリア、フランク・ケシエ、ハカン・チャルハノール、アンドレ・シウバ、ファビオ・ボリーニと新戦力が続々と出場した。

デル・ピエロ氏も驚いたボヌッチのミラン電撃移籍

当然彼らは注目を集めたが、その中において一際輝きを放ったのがユース出身選手の19歳FWパトリック・クトローネだ。クトローネはバイエルン戦で先発出場すると、ドイツ王者相手に2ゴールを記録。また、チームメイトのゴールを全力で喜ぶなど熱い部分も持っており、ムードメイカー的な存在感がある。FWらしく嗅覚も優れており、FWのバックアッパーとして起用していくのも面白いだろう。

米『ESPN』もこの試合でゴールを決めた新戦力のケシエ、チャルハノール以上にクトローネに注目しており、ドイツ王者相手の2ゴールは強烈なインパクトがあった。

ミランは今夏にポルトからクリスティアーノ・ロナウドの後継者とも言われるポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得しているが、まだまだ満足することなくフィオレンティーナFWニコラ・カリニッチやトリノFWアンドレア・ベロッティなどに目をつけているという。

しかしクトローネを2番手で試してみる価値はあるはずで、今回のバイエルン戦では期待の持てるパフォーマンスを披露してくれた。プレシーズンマッチではこうした伸び盛りの若手選手にもスポットが当たるが、クトローネはトップチームで起用していくべきタレントか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合