ここから本文です

ももクロ × お化け屋敷プロデューサー「怖いけど楽しい! この夏、行きたいお化け屋敷!」

7/23(日) 17:00配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2017年7月23日(日)の放送では、「夏も“怪”適、お化け屋敷学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。
先生は、お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さん。
お化け屋敷で驚かせる為のポイントや、この夏オススメのお化け屋敷について教えていただきました。

ーー“本物の廃屋を使って“


しおりん:先生がプロデュースしたお化け屋敷の中で1番大掛かりだったのは、どんなお化け屋敷なんですか?

五味先生:「東京近郊A市 呪われた家」というお化け屋敷をやったんですけど、これは後楽園ゆうえんち、今の東京ドームシティ アトラクションズですね。この中に横浜の方にあった廃屋を解体して移築し、お化け屋敷にしたものです。

れに:怖そう~! それガチで出るやつじゃん!

しおりん:横浜から持ってきちゃったんですか!

五味先生:そうですね(笑)。

しおりん:私たちのイメージだと、お化け屋敷のお仕事をしていたりすると本当に怖い体験とかがあったりするんじゃないかなって思うんですけど……。

れに:寄ってきちゃうとか言うじゃないですか?

五味先生:それがですね。僕は全然ないんですよ。夜中の2時とか3時に一人で作業していることもしょっちゅうあるんですけど、まるっきりないんです。

しおりん:ウソ~、怖い! でも、周りにお化け屋敷のセットがあるわけですよね?

五味先生:お化けの人形とか、血まみれの死体とかあったりしますね。

れに:ヒャーーー!

五味先生:でも、別に何もないんです。

しおりん:お祓いとかってされているんですか?

五味先生:お祓いはしていますね。

れに:やっぱりそうなんだ。

しおりん:お化け屋敷の勝手なイメージだと、部屋の中が暗いじゃん? だから、電気がつくと一面におふだが貼ってあるイメージ!

れに:あるあるある!


ーー“おどろかす為のポイント!”


清野:お化け屋敷の新しいアイデアというのは、どういう時に思いつくのでしょうか?

五味先生:僕がよく思いつくのは道を歩いている時と、お風呂に入っている時ですね。

しおりん:そうなんだ! 後ろを向いたら……って考えちゃいそう!

れに:顔を洗えないよね!

1/3ページ

最終更新:7/23(日) 17:00
TOKYO FM+