ここから本文です

本田は“左足“でメキシコを支配できるか 注目される今夏メキシコにやってきた3人のレフティー

7/23(日) 11:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

メディアも動画で魅力を紹介

今夏メキシコのパチューカに移籍した日本代表MF本田圭佑は、お得意の左足でメキシコサッカー界を支配することができるだろうか。

本田のCWC出場にスペイン紙も注目!

メキシコ版『as』は今夏メキシコにやってきた注目のアタッカー5名を紹介しているが、その中の1人に本田も含まれている。同メディアは本田がミランで見せていたパフォーマンスを動画で振り返っており、ジェノア相手に決めたミドルシュートなどがピックアップされている。

その他に紹介された選手の中で注目すべきは、本田と同じくパチューカにやってきた24歳のチリ代表FWアンジェロ・サガル、ネカクサに加入したファクンド・ペレイラだ。まずサガルは本田のライバル候補の1人とも言われており、ドリブルも得意とするレフティーだ。ミドルシュートも武器で、レフティーという部分は本田と被る。

もう1人のペレイラも本田と同じレフティーだ。ペレイラは本田と同じくフリーキックを得意としている選手で、同メディアもそこに注目している。本田もパチューカではフリーキックやコーナーキックのキッカーを担当することになるかもしれないが、ペレイラ以上のインパクトを残せるかは気になるポイント。

同メディアも新たにメキシコにやってきたレフティー3人に注目しており、日本のスーパースターと捉えられている本田には彼ら以上の活躍が求められる。少なくともチームメイトのサガルよりはインパクトを残したいところだ。

他にはクルス・アスルに加入した23歳のチリ人FWフェリペ・モラ、すでに22日のクルス・アスル戦に出場しているクラブ・ティファナのグスタヴォ・ボウが紹介されているが、本田はこうした大きすぎる期待に応えられるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/