ここから本文です

職人の技、親子が体験 横浜で「体験フェスタ」

7/23(日) 9:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 ものづくりや職人の仕事に対する理解を深め、将来の進路のヒントにしてもらうイベント「かながわ しごと・技能体験フェスタ2017」が22日、横浜市西区のパシフィコ横浜で始まった。夏休みの自由研究に役立てようと大勢の親子連れが訪れ、各職人の手ほどきで木工や金属加工、壁紙貼り体験など、多彩なものづくりに挑戦していた。

 県職業能力開発協会の主催。5回目の今年は46のブースが設けられた。和瓦を使い、瓦屋根のふき替えを模擬体験した鎌倉市の小学3年生(8)は「和瓦の仕組みに興味があった。1枚ずつ重ね方を確認しながらきれいに並べた」。とび職人の指導で足場の組み立て作業に挑戦した逗子市の幼稚園児(6)は「道具を力いっぱいぎゅーっと動かした」と笑顔を見せた。

 日産自動車の技能五輪出場者によるデモンストレーション、高所作業車やショベルカーの試乗会、2020年度から小学校で必修化される予定のプログラミングのコーナーなども盛況だった。

 同フェスタは23日も行われる。入場無料、午前10時~午後4時。ものづくり体験は一部有料で、午後3時まで受け付ける。