ここから本文です

チアに挑戦 川崎、大学生らが子どもたちを指導

7/23(日) 10:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 夏休み中の子どもたちに専修大学体育会の学生らがスポーツを指導する教室「ONE DAY TEAMMATE(ワン・デー・チームメート) 2017」が、川崎市多摩区東三田の同大生田キャンパスで始まり、22日はチアリーダー部の学生らが技を伝授した。

 市内などの5歳から小学5年生までの24人を前に、同部の学生8人が模範演技のダンスを披露。二つのグループに分かれ、組み体操のようにメンバーを肩や手で支えて持ち上げるスタンツやダンスを指導した。子どもたちは夢中になって踊ったり、大学生の肩の上からの景色を楽しんだりしていた。

 市立片平小1年(6)と参加した幼稚園児(6)は、「楽しかった。(スタンツで高い所に上がり)気持ち良かった」と笑顔を見せた。

 同大2年の学生(19)は、「子どもたちに少しでもチアの楽しさを知ってもらえれば、と一生懸命指導しました」と話していた。

 同教室は、同大の地域貢献活動の一環として学生が主体となって2006年から取り組み、12回目。8月5日までアメリカンフットボールやフェンシングなどの19団体が指導を行う(乗馬のみ11月開催)。